黒川 隆介インタビュー – RECRUIT SITE | 株式会社イングリウッド リクルートサイト

代表取締役兼CEO

黒川 隆介

3倍速で成長し、
スーパースターになる
覚悟、求む。

About Us

スピード、スピード、スピード。

10年かけて一人前になりたい。

20年後に成し遂げたい、大きなビジョンがある――。
そういう方はイングリウッドに入るべきではありません。

私たちは、そんなのんびりしたスピードで動いていない。
なだらかで退屈な角度の成長など、望んでいないからです。

創業は15年前。大学卒業して間もない私はわずか30万円の資本金をもとにアメリカからスニーカーを買い付け、日本で卸し、ECでも売る。そんなスモールビジネスから事業を起こしました。家賃4万円、東京郊外にある倉庫兼オフィスからのスタートでした。

その後、ファッション、美容、食品、ヘルスケアとアイテムを増やしながら卸とECを拡充させ、ノウハウを蓄積。培ってきた知識や経験をもとにBtoBのECソリューション事業も立ち上げることで売上・利益を急激に拡大させてきました。
そこからさらに優秀なデータサイエンティスト、エンジニアを多く採用して、蓄積された大量の顧客の行動データをAIに学習させて、業務の精度を日々、磨き上げています。

ECとリテール(店舗)、双方の領域に渡る商品企画、デザインや製造、さらにフルフィルメントやCRMなどを一括して高いレベルでお手伝いできる会社はうち以外ほぼありません。

言い切れる理由は、私たちはどこよりも早く、幅広く顧客の行動データを蓄積させ、回してきたからです。絶対的なデータ量に敵うものはない。データ量の分母が多ければ、それだけ解析の精度もあがるからです。
しかも、商品を欲しい人に、欲しいと思うそのタイミングで提供できる、いわゆるOMO「Online Merges with Offline」をこの規模感で着実に実現させている企業は、そうないと自負しています。

結果、16期(2020年8月)売上は150億円。事業側の約90人の社員1人につき1.6億円ずつ稼いでいることになります。
30万円でスタートした会社が、です。

About Us

このスピードと熱を止めるつもりはありません。
「OMOにより商品とユーザーの関係をデジタルで滑らかにする」、そう掲げたビジョンを粛々と遂行して、日本、北米、中国でシェアをとっていく。そして3年後には、売上1000億円を成し遂げます。中期経営計画では5年後と書きましたが、3年目標です。スーパースターのメンバーと共に、それほどに急スピードで、急角度で伸びている。現在いる150人強のメンバーは、新卒・中途関わらず、素晴らしいテクニカルスキル、ビジネス知見、実行力があります。コーポレート側のメンバーも今後のビジョン達成のために最強メンバーを揃えております。

なので、私はこの勢いをとめる人にはジョインしてほしくない。
むしろ、加速と成長角度を押し上げるような熱気と実力が発揮できる方に来てほしい。そして、同じように日々、自分の目線が上がっていく様を体感してほしいのです。

そのために、私たちが求めるものは。
学び続け、実行し、3倍速で働く、その覚悟です。

経験と決断を誰よりもできる場所

3倍速を求める理由は、会社の成長だけではありません。
一人ひとりに「経験」と「決断」も積み上げてほしい。

我々の業務は、ECやAIといったデジタルテクノロジーに関わる業務が大半ですが、そうしたテック面に精通するのはそれほど長い時間は必要ありません。

一方で、「目の前のクライアントが抱える課題に対して最適な提案を行い、解決する」。「ユーザーが自分でも気づいてない不満や不安を解消するための引き出しや人脈を持つ」。

こうしたビジネス感や実行力は、いかに場数を踏むか、でしか養えない。多くの修羅場を経験し、ヒリヒリするような決断を重ねることでしか得られません。いかに多くの商品をさわり、いかに多くのクライアントと向かい合うか。そして決断を重ねてくるかが、人と事業の成長に直結することだと実感しています。

人によっては「負荷」に映るでしょう。
けれど、イングリウッドには、それを「面白み」として自律的に取り組む者だけがいて、それぞれの持ち場で活躍しています。

それでいて、社内は驚くほど自由で、礼儀正しく、みなが楽しんで仕事していると感じます。主体的にかつチームワークは抜群です。
大きなビジネスを手がける楽しさ、自ら市場を広げる喜び、自分のステージと会社のステージがリンクして高まっていく面白さがありますから。

特に私たちが攻めているリテール(店舗)の領域は、OMOが開拓していく領域があまた残されている。オンラインだけの領域よりも未開拓の地が残されていて、最高にやりがいがあります。こんなワクワクするタイミングでジョインできるほど幸せなことはありません。
私たちは、急加速と急成長を押し上げてくれる人にジョインしてもらいたい。そしてイングリウッドというステージを使って、スーパースターになってほしい。

存分に活躍して、新規事業をやってやる。起業のための足がかりにしてやる――。

それくらい野心と実力と覚悟ある人だけが、門を叩いてください。楽しみにしています。

イングリウッドを知る

10%