上河原 圭二インタビュー – RECRUIT SITE | 株式会社イングリウッド リクルートサイト

Interview

上河原 圭二

  • 事業部署:
    企業戦略室
  • 役職:
    CHRO(最高人事責任者)
  • 入社:
    2019年
  • 出身大学:
    関西大学 商学部

全メンバーがあいさつにこだわる、
たったひとつの理由

About Us

最強の集団は、心の扉が開いている

「みなさんが丁寧にあいさつしてくれて、気持ちいい」
「いつも元気にあいさつしていただけて、うれしいです」

オフィスに足を運んでいただいたお客様にそう言われることが多々あります。
実際、わたしたちイングリウッドは、常日頃あいさつを徹底してやり続けることを約束ごととしています。社外の方だけじゃなく、社員同士ならば、なお。

実はこのあいさつに弊社のコーポレートカルチャーが集約されているんです。
なごやかでアットホームな雰囲気をつくりたいから?
いや、わたしたちがお客様やクライアントに真剣に向き合い、「シビアに事業にコミットしている」戦闘集団だからです。

イングリウッドは徹底して社員の成果を数字で見ています。
具体的な評価の軸は「定量8割、定性2割」。エンジニアも営業職も、もちろん私のような人事の人間も成果はすべてアウトプットに基づき、どれほどの数字を残したかで評価されます。一人ひとりが日々、お客様に価値を出すことにコミットしている証左です。
とはいえ、仕事って9割5分はうまくいかないものですよね。

壁にぶつかり、思ったほど成果が出せないことの連続です。ただその壁をなんとか思案して、策を見いだし、スピードを意識しながら、さらなるもう一歩を踏み出す。こうして改善しながら、前進していくことこそ仕事の本質であり、醍醐味だと思うんです。

このとき、一人でやれることは知れています。社内が互いに協力しあえば、解決の糸口は確実に増える。弊社のように優れたプロフェッショナルが揃った職場ならなおさらです。

About Us

しかし、社内が足を引っ張り合う関係性では、そうはいきません。失態を隠し、逃げるクセがつく。けれど、それはお客様やお取引先にとっては失礼極まりない。ミスの傷口をひろげ、炎上することにもなりかねません。事業にコミットする集団である我々には許しがたいことになる。

だから、あいさつなんです。

何かあったときも包み隠さず相談できるムードを醸成しておきたい。スタッフ全員の心の扉をあけておきたい。そのため、代表の黒川をはじめとした経営陣から新入社員にいたるまで150人のメンバーは、誰しも元気よく、気持ちよくあいさつを交わしあっている。

厳しく数字と成果を求める集団。しかし、だからこそ内側は積極的にコミュニケーションをとり、互いをプロとして認めながら支え合っている。イングリウッドは、そんなフェアでクリーンで厳しい組織だと、まずお伝えします。

3年で10年分の成長を遂げたい人へ

弊社にフィットする人物像は、三つほどあります。

まずは『経験に貪欲な人』。

失敗を重ねることが経験につながる。そのために失敗を、経験を積ませることがイングリウッドの基本スタイルです。

根底にあるのは、仕事は教わるものじゃないということ。先輩社員や経営陣も含めて、先を生きた世代がなしえた成功は、時代によってはフィットしないかもしれません。市場は常に変化し、動いていくものです。その時代に合った最適解は、いつだって手探りで見つけ出すしかないのです。

そのためには実地で経験を積むしかない。トライ&エラーを繰り返すしかない。だから弊社は1年目だろうがインターンだろうが、どんどん現場で経験を積んでもらいます。結果として、他社では10年で積む経験を、3年で味わえます。裏を返せば、それくらいの覚悟を持てる方以外は、厳しいでしょう。

二つ目は『自分の人生を自分の足で歩きたいと思う人』。人から言われて動くようなタイプの人は、イングリウッドではきっと何をしたらいいか見えてこないと思います。OMOという新しい地平を切り開いていくのが我々のミッション。それは当たり前の道をなぞることでは成し得ませんから。

そして三つ目は『圧倒的な好奇心を持った人』。ECでもリテールでも、マーケティングを扱う仕事である以上、世の中のトレンドには当たり前に敏感である必要がある。と同時に、自分の興味は変態的に深堀りするような、熱中するようなタイプの人はイングリウッドに合うし、伸びます。見渡せば、社内はそんな素晴らしい変態が多いですしね。

CAREER

熱量を保ち、急速に駆け上がる集団

今、私たちは150人規模の高い熱量を持った組織を、この熱量のまま1500人分まで成長させること、そして売上高1,000億円企業をひとつの通過点として目指しています。

150人の質の高いメンバーとコミュニティを保ちながら規模を拡大し、最高の成果を出し続ける。それはとてつもない強い組織であり続けるということであり、成長をブーストさせることにもつながります。

誰もみな、人生は限られています。
あっという間に、時は流れていくと思います。

だからこそ、限られた時間のなかで何をするか、誰と過ごすかはとても大切なこと。イングリウッドならば、人生の貴重な時間を使い、学び合って成長を促し合う素晴らしい仲間とも出会えるでしょう。

唯一無二の成長機会が、イングリウッドにはある。
そしてあなたが思いっきり自走できる場が、ここにはあるのです。
ともに駆け上がられる人を、待っています。

10%