吉村 毬愛インタビュー – RECRUIT SITE | 株式会社イングリウッド リクルートサイト

Interview

吉村 毬愛

  • 事業部署:
    データテクノロジー事業本部
    D2Cストラテジー
  • 役職:
    サブマネージャー
     
  • 入社:
    2020年新卒
     
  • 出身大学:
    立教大学 観光学部
     
About Us

学生の頃、
力を入れていたことは?

高校時代から憧れていたダンスサークルでの活動です。連日深夜まで練習することもあり多くの時間を使いましたが、憧れの先輩たちに少しでも近づきたくて、がむしゃらに練習しました。

観光学部に所属していたため留学の準備や日々のバイトとの両立には苦労しましたが、たとえ勢いで行動したことでも、最後までやり遂げる精神力が身につきました。

ベンチャー企業である
イングリウッドに入社した理由は?

留学をきっかけに観光ITに興味を持ち、就活先として当初は旅行サイトの運用会社なども見ていました。自分がより広く影響できる仕事を探しましたが、興味の強い仕事は新卒採用がない企業も多く「やりたい仕事のために、ITの実務経験を積まねば」と考えました。

イングリウッドには、2つの魅力を感じて入社を決意しました。ITに関する幅広い研修が用意されていることと、新卒から新しいことに挑戦させてくれる環境があること。ITの全体像をいちはやく掴んで実践し、自分のスキルとして身につくことを期待しました。

About Us

イングリウッドでの仕事内容は?

クライアント様の新規事業の立ち上げ、および運用に携わっています。事業計画の立ち上げや商品企画、フルフィルメントまで一貫したコンサルティング兼サポート業務を行うことで、ITにおける事業展開の全行程を知ることができました。

ディレクションスキルは、どの業界でも確実に必要なスキルです。他にどれだけ素晴らしいスキルを持っていても、進捗管理ができなければいいビジネスマンにはなれないということも、イングリウッドで学んだ大切な仕事論です。

イングリウッドに所属して、自身に起きた変化は?

イングリウッドには様々なバックグラウンドを持つ人々がいて、そして気づいたことは「常にその場で、フラットに」指摘してくれます。自分自身への理解度も深まり、そしてそれは多様性の一つなのだと、今までよりも柔軟に受け入れることができるようになりました。

自他に甘く心配ごとがあっても気づかないフリする癖や、その反面頑固なところもあるなど、人によって正反対の要素を指摘されても、改めて「自分の新しい一面」として受け入れていけました。

FUTURE

イングリウッドでの仕事を通じて、将来叶えたいこと、成し遂げたいことは?

イングリウッドで培ったのは、ITのスキルはもちろんですが、ここぞという時の度胸や交渉力など、自身の人間力も大きく伸長しました。

憧れの上長たちはどんな状況でも冷静さや余裕を持っていて、それが自分の安心感と働きやすさにも繋がっています。私も将来は、そんな「心の余裕」を持ったビジネスマンになりたい。そんな憧れを持たせてくれる先輩たちが身の回りにいることが、何よりも嬉しいです。

Other Key Person

業務を知る

10%